厄年について

新年になると厄年の質問が特に多いのでこちらのブログでも私の厄年に対する考え方や対応を公開します。

①厄年とは?

前厄、本厄、後厄とあり特に本厄の年は災いが起きるので要注意と説明されます。

具体的な年齢は数え年で以下の通りです。

前厄 男性 24才、41才、60才

女性 18才、32才、36才

本厄 男性 25才、42才、61才

女性 19才、33才、37才

後厄 男性 26才、43才、62才

女性 20才、34才、38才

②厄年の由来

陰陽道が由来とされており平安時代の貴族達が行っていました。一般には暦が商業化した江戸時代に広がったと言われています。私が霊界通信で聞いてみると正式な陰陽道とはあまり関係なく物忌から変化したようです。先人達が病や禍が起きる年齢をまとめたら頻繁に重なる年齢がありそれが厄年としてまとまったようです。(物忌とはいろいろな意味がありますがここで関連するのは平安時代の貴族達が悪夢や暦の凶日に外出を控える儀式です)

③厄年に対する考え方と対策

厄年と運気は直接には関係ありません。筋力が急に衰えたり、ホルモンバランスが崩れたり、代謝が悪くなる年齢です。それゆえに男性と女性で違いがあります。現代では栄養状態や発達、寿命が伸びているなどの変化があり数年遅めに誤差が発生している可能性が高いです。確かに厄年の前後に病気になりやすいのは事実なので暴飲暴食を避けて食事を見直したり運動も適度にして激しいものを避けたりして節制する事は必要です。またストレスに弱い時期なので転職や新規事業、新しい土地への移転など過度なストレスが掛かる状況は避ける事が必要な対策になります。

④厄除けのお祓いは必要か?

精神衛生上は必要ですが受けなくても厄年の間に節制して守りに徹すれば災難から避けられます。そもそも明治時代あたりから神仏への寄進が減り建物の維持や運営が苦しくなり厄年の祈願やお祓い、お守り、おみくじなどの開運ビジネスを神社仏閣が熱心にやらなければならない厳しい状況なのです。これを読んでいる皆さんも神社仏閣への寄進やお賽銭を多めにするなどを心がけましょう。自分や子孫の金運が上がりまた財産として還元されるのです。

blog_import_540dcdd5ef900

 

 

 

厄年は誰にも必ず来ますが必要以上に恐れずきちんとした理解で対応しましょう!

 

読者の皆様が厄年を乗り越え平和に暮らせる事をお祈り致します。

 

龍神様のお話

読者の皆様あけましておめでとうございます。今年も異次元の世界と現世をつなぐお役目を果たしたいと思いますのでご愛読願います。

今回は龍神様のお話を書きます。自然霊でもっともパワーがあり人気のある存在ですね。日本にもたくさんいますが海外にも存在します。今回は私が出会い霊視したり対話した龍神様の話を書きます。龍神様のタイプを分類して記事を書きますが基本的には存在する土地の自然を守るお役目です。

(1)黒龍様

主に気象をコントロールするお役目がある龍神様です。植物や動物を育む為に雨や風をコントロールする存在です。昔は雨乞いの祈祷がありましたが黒龍に呼びかけて感応し雨を降らせるべくお願いしていたのです。黒龍様は主に標高の高い山におります。

激しい気性を持ち無断で山を荒らしたり山の水を汚染すると激怒して暴れだし突風や集中豪雨をもたらします。皆さんも山に入山するときは黒龍様に敬意を払いましょう。自然を愛するような人間は黒龍様は大好きなので歓迎して守ってくれます。

(2)緑龍様

この龍神様は芸術的なパワーをもたらします。龍神様の中では気性が穏やかで滅多に怒りません。私が目撃したのは栃木県の益子町でした。

益子町はのどかな自然が残る全国でも有名な陶芸の町ですが不思議とオシャレなカフェがあったり陶芸家以外でも絵本作家さんなど芸術家が集まる町です。背後に緑龍の影響があります。古来から画家に描かれる龍神様は緑龍が多いのは納得です。

(3)白龍様

主に大きな川や海にいる龍神様です。日本では一級河川には必ずおります。大きな川の橋を渡るときはご挨拶しましょう。白龍様から好かれて水害から守られます。役割は黒龍に似ていますが川や海に住む生き物に適した気象を作り出しています。

恥ずかしながらあれだけヒットしたのに最近ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」を初めて見ました。

その中で「ハク」という龍神の男の子が主人公の千尋をかばい大活躍しますが川に住む白龍でしたね。

アニメで描かれた姿が私が霊視した白龍に近いので驚きました。やはり宮崎駿監督は自然霊と交流できる存在ではないかと思いました。気性は黒龍同様かなり激しくて自然環境を破壊したり悪事を働くような人間や船には容赦しない恐さがあります。昔から漁師たちが恐れる海の神は白龍の事なのです。

(4)金龍様

名前のとおり元々は金鉱脈のある山に住む龍神様です。

もともと金の採掘される地域である佐渡や甲府などにいましたが近年は金山が採掘され尽くすと自由に移動しているようです。龍神の中では珍しく人間好きなので守護神として取り憑き活動を支援します。金龍が指導していた有名な人物は武田信玄、豊臣秀吉、徳川家康、江戸時代の豪商「淀屋」の主達、坂本龍馬、田中角栄などです。一代で莫大な財を築く人物には必ず影響していると言っていいでしょう。ただ金龍に取り憑かれるとパワーが強すぎて発言も傲慢になる為に周囲の人々から反感を買い敵が増えるので要注意です。

私が霊視で見た金龍は以前のブログで書いた通り群馬県太田市の金山城跡にいる金龍です。戦前の旧中島飛行機時代から続く富士重工業の繁栄はこの金龍の影響です。そのパワーは強く他の群馬県に本社がある他の会社も全国で発展しています。群馬県出身者に首相が数多く誕生しているのも金龍の影響なのです。

これが私がこれまで実際に見た範囲の龍神様です。もちろんここに書いた以外の龍神様がおります。

(5)赤龍様

実際にお会いした事がないのであくまでも私の守護霊から聞いた霊界通信からですが赤龍様は戦いの為にいる龍神様で与えられた持ち場の土地に侵入して荒らす者と戦い守るお役目です。人間の守護神になると戦闘能力が上がるようです。平和な現代の日本では活躍の場があまり無いようで見かけないのですが中東やアフリカの紛争地帯ではまだ活躍しています。赤龍様が守護神をした歴史上の人物は戦国時代では上杉謙信、伊達政宗、真田信繁(幸村)、加藤清正さらに三国志の時代には有名な関羽の守護神のようです。

これらのタイプの龍神様の他に能力や特性がミックスされている龍神様も存在しています。例えば緑と金の龍神様は人間を指導すると芸術性が高まって財運も向上します。

(6)ドラゴン(ヨーロッパ系)

ヨーロッパ系のドラゴンはハリウッドの映画や物語で有名ですが具体的な能力はまだ研究中なので外国に旅行する機会がありましたらぜひ直に霊視して確かめたいと思います。羽を持つ姿が大きな特徴です。日本の龍神様と同じく自然を守っていると思われますが中世の魔術師が王に頼まれて戦いで使うべくドラゴンに魔法を掛けたりしたので火事を起こしたり大風を吹かせたり現在でも魔術が解けずかなり攻撃的なドラゴンも存在するようです。

以上が龍神様のお話しです。いろいろなタイプの龍神様が存在しますが共通するのは地球の自然を愛し守るお役目です。人間も自然恵みで生きているので自然に感謝し龍神様にも感謝しましよう。きっと大きな龍神パワーで守られるでしょう。龍神様は神社仏閣だけでなく大きな山や海に行くと会えるので強いパワーを貰えます。龍神様に挨拶をして呼びかけ交流しましょう。人生のスケールが大きくなり爆発的な行動力をもたらしますので皆様もぜひ交流してみて下さいね。

DHA×EPAで愛猫のシニア期をサポート【毎日一緒】