幸せなパートナー選びの条件(男性編)

私のところに来るお客様の比率は男性客は少ないのですが離婚相談に関しては非常に多いのです。話を聞いていて思うのはパートナーに選ぶ女性の基準を間違えている事です。今回の記事では男性が幸せになるパートナー選びの条件を書きたいと思います。

(1)能力で選ぶ
男性が結婚でよく失敗するのが外見を重視し過ぎて女性の能力を軽視した為に結婚後に苦労が耐えないと言うケースです。
主婦業は意外に能力が必要で家計を守りながら家族の健康管理や子供の教育とご近所や義理の親との関係への気配りなどかなり能力が要求されます。共働きだとパートナーの仕事を一緒にサポートしたり義理や自分の親に限らず介護や看病の問題への対応も難しいです。
管理能力の弱いパートナーを選ぶと夫にかなり負担が掛かり仕事をしながら数多くの問題をカバーしなければならない為に苦労の絶えない結婚生活になります。
お見合い結婚や職場恋愛だとこのような失敗は少ないのですが盛り上がりやすい学生時代の恋愛、婚活、合コン、レジャー先での出会いなどは相手の能力をじっくり見極めてカップルになることは難しいので要注意です。

(2)褒めてくれる女性を選ぶ
男性が交際中に敏感になって観察しなければいけない要素です。
歴史的に良い妻の条件を調べると彼女達が夫を褒めて自信を付けて出世させています。
(山内和豊の妻、豊臣秀吉の妻など)
男性は単純な生き物であり褒められて自分の能力を認めてくれる人物には忠誠を誓い全力を発揮いたします。
したがって昔の武士は主君に引き立てられると女性には分からない忠義の精神を発揮して主の仇討ちまでしたのです。
ちなみに悪妻は夫の顔を見るたびダメ出しをして欠点を探しだし文句を言う女性です。
それでは夫はますます萎縮して仕事で成功出来ないし家事を手伝っても揚げ足を取られるのでヤル気が無くなります。
そして妻がさらに文句を言い悪循環に陥ります。
こうした家庭生活になると男性はストレスで病気になり長生き出来ない可能性も高くなります。
男性にとって上手に褒めて励ましてくれる女性との結婚は大きな幸せをもたらすのです。

(3)愛情のある女性を選ぶ
ここは女性と同じで冷たい心の異性を選ぶと心が傷つき苦労します。
女性ほどではないが男性もパートナーに愛されたいものです。
男性ばかり愛情を掛けるような結婚生活では疲れてしまい長続きしないのです。
この判別法は簡単で自分より弱い存在にどう接するかを観察すればいいと思います。
例えばペット、子供、高齢者、障がい者などにどう接するかを観察すればその人の愛情の深さがよく分かります。
恋愛中は彼氏には緊張して優しく出来ても自分より弱い存在と接すると本性が出るものです。
男性もデートには動物園や水族館などに行ってどう動物と接するか良く観察してから結婚相手にするか見極めましょう。
ちなみに優しい女性は自分からそういう場所に行きたがるようです。
(最近ではパンダを見に行くとかアルパカ牧場に行きたいなど)

世の中の男性達が女性の容姿の美しさや可愛さだけでなく冷静に良いパートナーと出会い幸せになる事を祈ります。

幸せなパートナー選びの条件(女性編)

占いの相談内容は時代と共に変化いたします。
私がアマチュア時代やプロとして占いを始めた頃は大半が恋愛か結婚相談でした。
現在は恋愛や結婚相談より離婚相談の方が多くなりました。

blog_import_540dcc4266fe3

いつも相談を受けていて気になるのは女性がパートナー選びを間違えていると感じる事です。
ここでは分かりやすく幸せな結婚をする為のパートナー選びを解説したいと思います。

(1)愛情がある事
女性が結婚や恋愛で幸福感を味わうのは好きな男性に他の女性より一番愛される事です。パートナーがいる女性が集まって仲良くなると自分のパートナーがいかに優しいかお互いに話して褒め合うほどですよね。
逆に離婚相談に来る方で一番多い不満はパートーナーの愛情不足です。女性がパートナーに求めている愛情は目の前にいて話を聞いてくれたり一緒に過ごして愛されるだけでなく仕事や趣味でどんなに忙しくても自分の事を忘れずにいてくれることです。また自分の為に時間や労力を惜しまないととても愛情を感じます。女性に持てる男性は出張や用事で出掛けた先でパートナーの好きな物を探してきてプレゼントしたり花をプレゼントしたりしています。日本人の男性は恥ずかしいので苦手ですが手をつないだりハグするなどのスキンシップでも女性はパートナーの愛情を深く感じます。したがって女性は交際中に相手から愛情を感じるかでパートナーを選ぶと幸せになります。交際中に女性をバカにしていたり冷たい男性は避けるべきでしょう。また女性は子供を産むと子供に対する愛情にもとても幸福感を感じます。女性は母親になると子供と自分の幸福が一緒になってしまうので苦労を多く感じる反面自分の子供が愛されると自分も同じぐらい幸福感を感じます。子供好きで扱いの上手い男性がモテるのはこの為です。子供のいるシングルの女性がこれからパートナーを選ぶ時は自分だけでなく子供にも愛情を掛けてくれるパートナーを選ぶといいでしょう。

(2)尊敬出来る事
女性の本能は自分より優秀な遺伝子を求めて子を産み子孫をさらに進化するように出来ています。
例えば自分より運動神経がいいとか知性や教養があるなど何かしら優秀で尊敬出来る男性を夫に選ぶと本能的に幸福感を感じます。したがってパートナー選びを家柄や勤めている大企業のブランド、雇用が安定している公務員または年収優先で選んでしまうとパートナー本人が無能で尊敬出来ない事に後で気が付いて失敗します。
ちなみに高学歴な女性が比較的晩婚になりやすいのは自分以上の知性や教養がある適齢期の男性の数が他の女性よりどうしても少なくなり尊敬出来ないからです。したがって年上の尊敬できる既婚の男性と不倫の関係に陥りやすいので要注意です。

(3)安定した収入がある事
女性は原始時代から自然災害や戦乱などで自分の子を飢えさせずに育てる事に大変苦労してきました。
したがって男性に比べて女性の考えの方がとても生存優先で現実的に進化しています。離婚の原因で一番多いケースはパートナーに安定した収入が無い事です。例えパートナーがイケメンでカッコ良くて最初は好きになっても安定した収入が無いと途中で嫌になり離婚にいたります。不真面目で働かなかったり遊び好きで不安定な職業の男性はどんなに愛情があって優秀でもパートナーとしては失格なのです。

(4)容姿が好みである事
戦前までは政略結婚や家同士の結婚が多くて日本の女性は長年好きなパートナーを選ぶ事が出来ず苦労してきました。
戦後は自由に恋愛できるような時代になりましたが意外にも女性は結婚後に安定した豊かな生活を望むあまり社会的地位が高くて高収入の嫌いなタイプのパートナーを選んで失敗する事もよくあります。最近は両親ととても仲のいい女性が多いので社会的地位が高くて高収入なパートナーとの交際は親にとても祝福されやすいので自分は嫌いな容姿の相手でも我慢して結婚して間違えてしまいます。また見栄っ張りな女性も婚活活動や合コンで女性の友人と競っている内にこうしたパートナーを選び失敗してしまう事も多いのです。
このような容姿があまりにも好みから外れたパートナーとの結婚の場合セックスレスになる傾向が強く双方不満なので不倫も発生しやすく将来離婚に繋がりやすいのです。女性がパートナーを選ぶ時は相手の条件だけに流されず自分の好みの範囲に入る容姿の男性を選びましょう。
以上、4つの条件をあげましたが皆さんがこの条件にかなう男性と出会う事をお祈りします。
次回は男性編を書きたいと思います。