紅龍山布施弁天東海寺参拝

今回は千葉県柏市に出張したので地元の方に勧められた紅龍山布施弁天東海寺に参拝してみました。

blog_import_540dce56538c9
このお寺の歴史は古く開山は大同2年(西暦807年)ですからなんと約1200年です。
由来は弘法大師空海様が自ら彫った弁財天像を祀っている寺であり紅龍様が降りた地でもあります。
上野の寛永寺の弁財天、江ノ島の弁財天と並ぶ関東三大弁財天です。

blog_import_540dce574479e
現在の本堂は朱塗りの美しい建物で中に安置してある弁財天像は残念ながら撮影禁止です。
以前のブログでも紹介しましたが弁財天様は元々プレアデス星から来た宇宙人なのです。
恋愛なども叶えますが基本的には芸術や美の神です。
参拝して霊視してみると確かに大きな霊体の美しい弁財天様が現れました!
ここまで参拝に来たことを喜んでいただき霊的なアイテムのピンク色の巻物をいただきました。
芸術性が高まったり異性に持てるパワーがあるようです。
私は未だに独身なので弁財天様が黙って気を使ってくれたのかも?
こちらの弁財天様はもっと未婚の男女がたくさん来て参拝して欲しいようです。もっと縁結びや恋愛成就をしてあげたいのになかなか来ないと寂しがっていました。
境内の中には不動明王様をお祀りしている三重の塔があります。

blog_import_540dce5860014
こちらは密教系のお寺ですからね。
なかなか綺麗な塔です。
不動明王様にはいつも除霊や呪術を使う時にお世話になっていますので感謝しました。
こちらの塔はアンテナのように不動明王様と交流できるので願掛けには最適です。得意分野は魔除けなので悪霊から身を守っていただくように祈願しましょう。
尚、この寺の由来にもある紅龍様(赤龍様)は少し離れたあけぼの山公園の沼にいるようです。
当日はかなりの猛暑で熱中症になりそうなので沼の散策は断念しました。
この寺の入口と境内の中に茶屋があり私は境内の中にある茶屋で冷たい飲み物を飲みながら休憩しました。
この場所は風水的に地形が良くいいパワーを貰えるので最低30分ぐらいは滞在しましょうね!
blog_import_540dce58e34b4
こちらの寺は残念ながらアクセスが悪くJR柏駅やJR北柏駅、JR我孫子駅からは遠くて歩くのは難しいです。
JR柏駅からこの寺までが終点のバスはあるのですが本数が少なくタクシーやマイカーでの参拝がお勧めです。
(私は北柏駅からタクシーを使いました)
ここまで行くのは大変ですがなかなかのパワースポットなので良縁を求める方や美しくなりたい女性はぜひ参拝してみてくださいね?
美しい弁財天様がお待ちですよ!

靖国神社参拝

東京愛宕神社に参拝した翌日は九段下の靖国神社に参拝しました。

blog_import_540dce4ec60ad
私はこれまで靖国神社への参拝はあえて避けて来ました。
なぜならあの悲惨な太平洋戦争の亡霊達と対話してきたからです。
また浮かばれない兵士の霊を何度も除霊して救って来たからなのです。
昭和天皇が本来の神々の霊界に還らず旧日本軍の軍人を全て救うまで人間界に止まる覚悟をしている姿もこれまで見続けてきました。
戦時中に志半ばで亡くなった彼ら彼女らの気持ちが霊能者である私にダイレクトに伝わったからです。
皆さんは今日の日本の奇跡の繁栄をどう思いますか?
私には見えます。
日清、日露、満州事変、ノモンハン事変、太平洋戦争…
数多くの若者がお国の為に命を投げ出し軍神となった事を…
現代の日本の繁栄を彼ら、彼女らが陰で支えていた事を…
例え中国、韓国がどんなに靖国神社を批判しても私は国の為に命がけで戦ったり後方支援で活躍した軍人の彼ら軍属の彼女らを尊敬し敬います。
亡くなった彼ら彼女らは私から見ると現代の日本人の大半が快楽に溺れ堕落し罪深い生き方をしていてもとても暖かく見守っています。
「だって私達も若い頃は遊びたかったんだもん!」
「子孫が日本の繁栄を楽しんでる姿は素敵だよ!」
「あまり怒らないでよ?」
「きっと私達が体当たりで犠牲になりお国を守った事はいつか分かってくれるのよ?」
今回参拝して先の大戦で亡くなった霊と対話してもこんな感じなんです。
私はこうした寛容で暖かい気持ちで日本人の生活を見守っている先人達を尊敬しありがたく思っています。

blog_import_540dce4f5c586
私はもっと靖国神社には戦争で悲惨な亡くなり方をした兵士の霊が多数漂っているイメージがあったのですがこちらの神職が上げている祝詞や儀式と参拝する大勢の方の鎮魂で浄化されており境内には清々しさが漂っています。
実は2.26事件から太平洋戦争敗戦と戦後処理の過程では一般の日本人が知らない隠れた秘密がありアメリカ軍の謎の行動などはまた別の機会に明かします。
参拝すると先ほど対話した軍人や軍属達とは別にご先祖にあたる小林中将という霊が現れました。
こちらの方は母方の先祖の山梨県出身で明治天皇の時代に近衛兵を勤めていた方です。
母親から以前に話を聞いた事がありましたが交流出来たのは初めてです。
既に神格を持っており私の参拝を喜び励ましていただきました。
彼によると現代の日本人は知能指数は高いが精神が貧弱であるとの指摘がありました。
「もっと勇気を持ち高い目標と夢を持ちどんなに苦難があってもあきらめずに行動し生き抜きなさい!」
「苦しくて挫けそうになったら過酷な状況でも諦めずに戦い生き抜いた先人達の苦労を思い出しなさい!」
「優秀な大和民族の誇りを忘れずに日々の生活を精一杯生きなさい!」
このようなメッセージがありました。
現代も変わらず生きにくく厳しい時代なのは当時と変わりませんが目先の小さな目標ではなく世の中を自分の力で良くしてまた子孫が日本人として誇りを持って生きられるように日々生きていきましょう。
神社境内の脇にある「遊就館」も先の大戦の豊富な資料と若くして戦いまたは後方支援で犠牲になった方々のプロフィールが紹介されています。
半日は見学出来るぐらい中身がありますのでお勧めです。

blog_import_540dce4fe2b98
入口付近にある日本海軍の傑作機である零戦52型です。
4機の残骸から集めて復元された貴重な展示機です。
最も活躍したのは21型という初期型でしたが大戦後半では既に旧式化していたのに後継機の開発が遅れて改良を加えアメリカ海軍の新鋭機グラマンF6Fやアメリカ陸軍のP-51Dなどと戦いかなりの犠牲を出しました。
またフィリピン、沖縄の戦いでは起死回生の特攻機としても使われました。
間もなく8月15日は終戦の日です。
靖国神社は戦死した皆様のご先祖との交流の場です。
一度は参拝してご先祖達に感謝しに行きましょう。

時計修理の千年堂でオーバーホール